本文へスキップ

中小企業研究:日本から世界へ 世界から日本へ

ICSB日本委員会(JICSB)規約information

第1条(名称) 本委員会は中小企業研究国際協議会日本委員会(Japanese Committee of International Council for Small Business :JICSB))と称し、略称としてICSB日本委員会を用いる。

第2条(目的) 本委員会は、中小企業研究国際協議会(International Council of Small Business :ICSB)の日本支部(Affiliate)として活動し、国際的視野での中小企業研究を発展させるとともに日本の中小企業研究成果を世界に発信することを目的とする。

第3条(会員) 本委員会の会員は中小企業研究に関心を有し、中小企業研究国際協議会(ICSB)に加入する個人とする。

第4条(維持会員) 本委員会の目的に賛同し、その活動を支援するため所定の維持会費を納入する組織・法 人を維持会員とする。
1. 維持会員の組織・法人に所属する者のうち、維持会費1口につき2名を本委員会の会員として登録することができる。
2. 維持会費については別に定める。

第5条(入会及び退会) 本委員会に加入を希望する者は、本会会員1名の推薦をうけ, 所定の入会申込書に必要事項を記入・提出し、年会費の納入をもって会員となる。ICSBに未加入の者はICSB加入登録を行う。また、退会を希望する場合は文書をもって理事会に申し出ることによって退会とする。

第6条(会費)
1. 会員は、毎年事業年度末までに当該事業年度の会費を納入しなければならない。
2. 会費を3期以上滞納した会員および維持会員は除籍とする。

第7条(事業) 本委員会は第2条の目的を達成するため、次の事業を行う。
1. 中小企業研究国際協議会(ICSB)および世界各国の同支部(Affiliate)との連携による国際的中小企業研究交流に関する事業。
2. 中小企業研究国際協議会(ICSB)世界大会参加に関する便宜供与。
3. 毎年1回以上中小企業研究ワークショップを開催する。
4. 会員の研究交流の場をウエッブ・サイト上に開設・運営する。

第8条(役員) 本委員会に次の役員を置く。
委員長1名、 副委員長2名、 理事7名、 監事1名。

第9条(役員の職務)
1. 委員長は、本委員会を代表し会務を総理する。委員長に事故あるときは総務担当副委員長が代行する。
2. 副委員長は、委員長を補佐する。
また、副委員長のうち1名は総務を担当し、組織、会員および予算を管理する、他の1名は企画・運営を担当し、委員会活動の企画・運営、ICSB本部および各国支部との連絡調整を行う。
3. 理事は、理事会に参加し、本委員会運営の主要事項について審議・決定する。
4. 監事は、本委員会の業務および会計を監査し、その意見を会員に報告する。

第10条(役員の選任)
1. 委員長は、理事の中から互選する。
2. 副委員長は、理事の中から委員長が委嘱する。
3. 理事は、会員の中から選出される。
4. 監事は、会員の中から選任される。

第11条(役員の任期)
1. 役員の任期は、4事業年度とする。理事以外の役職はその任期を2期までとする。
2. 役員に欠員が生じた場合は、理事会でその補充者を選任できる。但し、補充者の任期は前任者の残任期間とする。

第12条(電子メディアによる協議・議決)
本委員会の協議並びに議決は原則として、電子メディアを通じて実施される。但し、理事及び監事の選任は郵送による投票によって実施する。

第13条(全会員による議決事項)
次に掲げる事項に関しては、全会員に電子メディアを通じて提案し、指定された期間内に送信された投票数の過半数の承認を得ることを必要とする。
@規約の変更 A会費の変更  B年度事業計画及び収支予算 C年度事業報告及び収支決算 Dその他理事会において必要と認めた事項

第14条(理事会)

1. 理事会は理事をもって構成される。
2. 理事会は委員長が招集し、議長は委員長が務める。
3. 理事会は、電子メディアを通じた会議をもって開催することができる。
4. 下記の事項は、理事会の議決を経なければならない。
規約の改廃および内規の制定,その他本委員会の運営上の重要事項。
5. 委員長は全理事に議案を提出し、定められた期間内に4名以上の理事からの賛成をもってその議案は成立する。

第15条(会計年度)
本委員会の会計年度は毎年1月1日に始まり、同年12月31日に終わる。

付則
1. 本委員会の年会費は5千円とし、これにはICSBの年会費が含まれる。
2. 本委員会の維持会員の年会費は1口4万円とする。また、その加入時に1口100万円の永続維持会費を納付した組織・法人は、本会の存続する限り維持会員たる資格を有する。
3. 本委員会の事務局は、総務担当副委員長の勤務地に置く。
4. 本委員会設立準備委員会によって制定された本規約は、2012年12月31日までに会員の過半数の賛成を得る必要がある。
5. 本委員会の第1期役員については、本委員会設立準備委員会委員長が選任する。
選任された役員は2012年12月31日までに会員の過半の同意を得なければならない。
但し、第1期役任期は2015年12月31日までとする。

ICSB会員になれます

本委員会の年会費は5千円とし、これにはICSBの年会費が含まれます。
本委員会を経由せずICSB個人会員になった場合、年会費は1万円です。